ホロコーストが起こる以前、ドイツには豊かなユダヤ人の文化がありました。当時のドイツ社会、文化、芸術において大きな影響を与えていたユダヤ人の多くは、ホロコースト以後、忘れ去られてしまいました。  
フリードリヒ・ゲルンスハイム(1839-1916)、カール・ゴルトマルク(1830-1915)、ザーロモン・ヤーダスゾーン(1831-1902)らも生前は有名で賞賛された作曲家であり、彼らの作品は出版され演奏されていました。しかし、ナチス・ドイツによってこれらの作品は封印され、今日では彼らの作品の多くは忘れ去られ図書館や保管所に眠っています。運が良ければ偶然見つけられインターネット上に楽譜が公開される物もありますが、その多くは発見されず、破損し、永遠に失われてしまうのです。

ゲルンスハイムデュオはホロコーストの悲しい歴史とともに忘れ去られてしまった音楽、歌曲の発掘と演奏に取り組み、失われていた音楽がまた人々の耳に届くことを願っています。